金魚

最終更新日:17/09/25

キンギョには約25の品種がある。品種には突然変異によるものと、交雑によるものの2種類に大別できる。そもそも中国から伝来したワキンがフナの突 然変異によるものだった。ワキンの突然変異によって、リュウキンやアカデメキン、マルコが生まれた。背びれのないランチュウはマルコが突然変異したもの。 交雑の例としては、フナとリュウキンからテツギョが、ワキンとリュウキンからワトウナイが生まれている。比較的新しい品種としては、ハマニシキのほか、昭 和になってから原産地の中国から輸入されたスイホウガンやタンチョウ、合衆国から輸入されたコメットがある。

なお、キンギョの品種はそれほど固定したものではない。たとえばイヌであれば、チワワ同士の交配ではチワワが必ず生まれるわけだが、キンギョではそ うではない。たとえばキンギョに特徴的な尾ひれの形である、左右に分かれた形(大きく左右1,真ん中上側1,上側が先で割れていれば4つ尾、割れていなけ れば3つ尾)の鰭を持たずに生まれて来るものがかなり多い。フナと同じ様な鰭のものを鮒尾といい、生まれて来る子の半分近くがこれである。また、中央上側 が鮒尾の上半分になったものをつまみといい、これもかなり出る。したがってこれらを取りのけなければキンギョの形にはならず、この選別作業は稚魚養育にお いて重要な段階である。ランチュウでは、背びれが出るもの、背中に棘がでるものなどもあって、一応まともにランチュウの姿になるものでも1割に満たない。 そのため一尾ごとの値段もばらつきがあり、最高クラスの姿になると50万程度の値がつくことも珍しくは無い。

ペットショップにて売られている安価な金魚や金魚すくいに使われる金魚は、このように業者によって選別された、比較的価値が低めの金魚である場合がほとんどである。そのため品評的な価値は(飼育者が満足する部分を除いては)ゼロである。

出典:wiki

HKSが2011年9〜11月期(第1四半期)の連結決算を発表し、営業損益が4800万円の赤字とのニュースが流れた。
売上高自体は前年同期比6.1%増の13億9100万円と増収となったが、オートサロンに4年振りに出展するなどのコストがかさんだことや、子会社の営業活動停止における従業員への特別退職金が発生したこともあり、最終的に赤字に転じた様子。
まず、我々の時代からは、HKSがオートサロンに出展していないということが考えられない。
老舗のパーツメーカーであり、性能や品質にまず間違いはない、電化製品でいえばSONYの様な存在だった。
それが3年もの間、出展を見合わせなければいけないことや、天然ガス車向け事業への参入等を展開していることを今回知り、今のモータースポーツ業界が如何に苦境に喘いでいるかがうかがい知れる。
結局、各メーカーが若者の車離れに対する具体的な対処策を講じていないことの悪影響が、車業界全体へと浸透してしまっているのだろう。
結果、それぞれのメーカーが工夫に工夫を重ねているのが現状であり、その中でHKSのように全く違った分野への新規参入という形で、起死回生を目論んでいるところも少なくはないのだろう。
若者の車離れと一言で言うが、依然車は重要な移動ツールなのは間違いない。
都心部はさておき、田舎で車がないのは致命傷に等しいからだ。
これに対する意見を様々なサイトで見てみたが、結局「欲しい車がない」という結論に達していることに気付く。
不景気の影響や、車を所持する事に対するステータスの低下等、様々な要素はあるのだろうが、やはり魅力的な車がないことには、購買意欲も高じないのは当然のこと。
エコも大切だが、原点に返って「魅力的な車を創る」ということが、最終的には若者の車返りを促進し、ひいては車業界全体への好影響へと繋がるのではないか。

その他参考サイト

最近は確かに消費者金融がとても便利で身近なものになってきました。

業界トップのプロミスなら安心だから利用してみよう♪という軽い気持ちで利用している人も多くいます。

ですが、結局は借りたものは返さないといけません。

つまり、プロミスやキャッシング、アコム、レイクなどを利用しても返済が待っています。

しかも借りた金額にプラスして利息の返済まで・・・カードローンは1枚持っておいた方が便利!という人も中にはいますが極力利用しない方がいいのかな?と私は思っています。

でも複数のローンをお持ちの方は今すぐおまとめローンを利用した方が返済額を減らすことが出来るのでそこはオススメしますが。消費者金融の代わり?としてFXがとてもオススメですよ♪FXは少ない資金にレバレッジを効かせることで多く稼ぐことが出来ます。FX 比較サイトにはFXについての情報がとてもたくさん掲載されているのでFXの仕組みがすぐにわかります!fx 初心者でも結構稼いでいる人が多いので、ぜひぜひFXを初めてみてはどうでしょうか?♪

Copyright (C)金魚の分類 金魚.com. All Rights Reserved.